名言

イギリスの哲学者アラン・ワッツが残した名言を翻訳しました

今回はイギリス出身の哲学者・思想家で、東洋哲学を西洋に伝えたとされるアラン・ワッツが残した名言を翻訳します。

You don't look out there for God, something in the sky, you look in you. - Alan Watts

名言の意味と解釈について

語義確認

look out探す : to pay attention to what is happening around you, so that you will notice a particular person or thing if you see them
look for探す : to try to find something that you have lost, or someone who is not where they should be
look in覗き込む

文構造解析

つづいて文構造を解析しましょう。

You don’t look out there for God, something in the sky, you look in you.

赤い線が引かれた箇所は、”look” で作られる句動詞です。”look” は非常に句動詞のバリエーションが豊富な動詞なので、見かける機会があればその機会ごとに辞書を開いて確認するのがいいでしょう。

訳文と解釈

訳文を作ってまとめとします。

神を探し回ったり、何かないかなと空を見上げたりするのではなく、自分の内側を覗き込みなさい。

進路に悩んだり、仕事に悩んだり、もっと大きく人生に悩んだりしたときに、情報が氾濫した現代においては、SNS上でああでもないこうでもないと幸せになる方法について様々な議論(多くは意見をただ叫んだだけ)されています。

こんな現代だからこそ、自分の幸せは自分の内側を覗き込んでこそわかる、しっかりと内省することが大切だとアラン・ワッツは問いかけているのです。

イギリスの哲学者アラン・ワッツについて

Alan Watts( アラン・ワッツ )は、1915〜1973年を生きたイギリス出身の哲学者・思想家です。

すこし調べると “What would you like to do if money were no object?” というスピーチや名言についての記事が散見されます。

アラン・ワッツさんは人生において本質的に大切なこと、つまりそれぞれが好きなこと心の底からやりたいと思えることを考えて見つけ出して、それのみを実行することが、幸せに繋がるということを真剣に信じていて学生へのアドバイスに使っているようです。

そうして自分にしっかりと向き合うこと、真剣に内省することは大切なことのように思います。